ネットオフィス と グループワーク(共有)

ネット上でOfficeを活用・保存・共有したり画像・映像ファイルを保存・共有する技術(クラウドコンピューティング時代のオンライン技術)がこれから重要になってきました。

ITは「ネットブック」等の登場で、この傾向に拍車がかかっています。Web上でファイルを編集ややり取りをしながら、複数の人が共同作業したり、交流を図ったりしていくこと“Webグループ作業”が重要なってきているのです。

Googleドキュメント ファイルをネット上に置いて編集できます。基本的にMaicrosoftOfficeと互換性のよいOpenOffice.Orgのファイル形式を取っているが、OfficeやPDFも直接保存が出来る。クラウドコンピューティング時代のオンラインOfficeソフトです。
Windows WorkSpace 何処にいてもファイルをネット上に置いて編集することが出来ます。保存容量は最大5MB、共有作業も自由自在。Microsoft Office Word、Power Point、Excelを含めWebブラウザで表示できます。
Think Free おてがるオフィス:ThinkFree てがるオフィスは、ブラウザ上で利用できるクラウドコンピューティング時代のオンラインOfficeソフトです。
無料でMicrosoft Officeの文書ファイル(Word、Excel、PowerPoint形式に対応) を作成、編集、共有することができるようになります。
インストール型ThinkFreeとWeb型ThinkFreeと併用するとより便利になります。

これからはグループの活動が企業や社会構成上ますます重要になるものと考えています。インターネット技術が進歩し、距離や場所を選ばず活躍する環境(フラット社会)が出来初めて来たからです。

グループ内の連絡・交流、グループ間同士の連絡・交流を、距離の壁を越えWeb上で作業を行っていくことがが大きな課題になっています。

グループ内交流や地域の活性化に役立てれば幸いと願っています。私たちはパソコン教室、グループインターネットワークの利用を取り上げながらこれからもインターネットワーク活動に努力しています。

戻る